日々雑感(コラム)

Vol.2 <<  日々雑感(コラム) <<  HOME

Vol.2 ESSKA(ヨーロッパ膝スポーツ関節鏡学会)に参加しました。


6月9日からノルウェーのオスロで開催されたESSKAに参加し、ポスター発表をしてきました。オスロは港町で、北海道の小樽や函館みたいなところに感じました。楽しい雰囲気を伝えたいと思います。
 
学会でお会いした先生方とのカフェでの一息です。

 
 

学会場でのポスター発表です。肩甲下筋腱に対する関節鏡手術の成績を発表しました。

 
 


ノルウェーの英雄 カールヨハンの銅像での記念撮影です。大きな広場で、オスロ駅からカールヨハン通りを歩きながら、たどりつきました。観光客も沢山おりましたが、市民の方も沢山いて、実はこの像の前では学会でお会いした先生方によくお会いしました。

 
 
オスロ市街の風景です。
 

 
まずはこれぞノルウェーの象徴であると言えましょう、ヴァイキング船博物館(Vikingskipshuset)です。ここには8世紀から9世紀頃のヴァイキング船が3艘展示されています。

船の展示はいろいろな角度から見られるように工夫されています。写真にある渦巻き状のものは船尾の様子です。その技術は芸術的にも高い価値があると言えるでしょう。
ヴァイキングは日本人には海賊という悪いイメージが定着していますが、ノルウェー人にとってはちょっと違うようです。彼等はヴァイキング・スピリットという単語をしばしば活用しています。ヴァイキングのような勇敢な精神とでも言うのでしょうか。

総括
 
今回の国際学会参加を振り返ってみますと、これまでやってきたことは、世界で通用するようになるために、さらなる創意工夫をしていく必要は痛感しています。ただどこの国の先生も色々な自分の色をだしているなと思いました。オスロでの楽しい思い出を胸に秘め、英語力を高め、さらに国際学会でどんどん発表をしていくように頑張りたいと思います。

2010/6/18

日々雑感


日々雑感(コラム)とは、森大祐の肩に対する思い、経験などの話です。