肩の体操

野球肩ケア体操 << 肩の体操 <<  HOME

野球肩ケア体操

投球障害肩の治療には、運動療法が必要であることをご説明させてもらいました。
 
運動療法にも、徒手療法、マッサージ、ストレッチ、PNF、ヨガ、ピラティス、ロルフィングなど様々な運動療法があります。どの治療もすばらしい効果を得ることができます。しかし、ほとんどの治療はセラピストによる治療をうける必要があります。セラピストの治療をうけるには、病院などの施設に行く必要があります。

しかし、運動する時間がない、セラピストの治療をうける時間のない方もたくさんいらっしゃると思います。その方のために、少しずつでもいいので続けていける運動療法をしめしました。効果はすぐにはでないですが、ぜひ続けてください。自分の身体を見つめ、動かしていくことで、脳は刺激されます。
注意点:痛みがでる場合には、無理に行わないで下さい。またスライドをみるだけでは分からないことは多いと思いますので、疑問点がありましたら、外来にお越しくださるか、お問い合わせ下さい。
 

ストレッチ

上肢編と体幹・下肢編に分けました。しなりを獲得する上で重要となります。
 
 ○ ストレッチング(上肢編)
 ○ ストレッチング(体幹・下肢編)
 

筋力トレーニング

インナーマッスルトレーニング、体幹トレーニング、肩甲骨トレーニングに分けました。
 
 ○ インナートレーニング
 ○ 肩甲骨運動
 ○ 体幹トレーニング