関節鏡手術

鏡視下関節包全周性解離術 <<  関節鏡手術 <<  HOME

鏡視下関節包全周性解離術

拘縮の状態が、保存的加療(運動療法など)で改善されず、可動域制限が日常生活に困る方に対して行われる手術です。重度の拘縮の方で、特に外傷や糖尿病合併の方に行われます。
 

 

図1は関節窩と関節窩に付着する靭帯、関節唇の解剖イラストです。
 

 

図2に示すように、手術では、関節鏡視下で関節唇の縁の関節包を切離していきます。前方や下方などの関節包を切り離すと可動域は改善していきます。しかし、術後のリハビリは必要であるのは言うまでもありません。

関節鏡手術とは、肩関節の病変を、小さな傷だけつくり、傷から内視鏡(関節鏡、カメラ)を体内にいれてテレビモニターでみながら行う手術のことです。
 

 関節鏡手術とは
 鏡視下バンカート修復術
 鏡視下関節包全周性解離術
 鏡視下腱板修復術