関節鏡手術

鏡視下バンカート修復術 <<  関節鏡手術 <<  HOME

鏡視下バンカート修復術

関節窩には、関節唇が骨頭に付着している靭帯と複合して関節窩の受け皿の容量を大きくして、関節の安定に寄与しています。しかし、大きな外力で関節窩から関節唇靭帯複合体が剥がれます。この剥がれた病変をバンカート病変、バンカート損傷と呼びます。ラグビーやアメリカンフットボール選手などのコンタクトスポーツ選手の脱臼では、関節唇靭帯複合体が骨片ごと関節窩からはがれる病変が多くみられます。これを骨性バンカート損傷、骨性バンカート病変と言います。この病変をもとの位置に修復するのが手術の方法になります。

 

 


1.関節唇靭帯複合体を完全に関節窩から剥離します。ラスプという器械ではがします。
2.アンカーという糸つきのビスを関節窩に打ち込みます。大体の方は4本打ち込みます。
3.糸を関節唇、靭帯複合体に厚くかけ、剥離した関節唇靭帯複合体をもちあげあげながら、縫い合わせます。関節鏡下ではsliding knotという縫い方でおこないます。
 

 
糸つきのビスです。先は骨の中にはいり、ひっかかりますので、糸を引っ張っても簡単にはぬけません。
 

 
当院では骨性バンカートやコンタクトスポーツ選手に対して、アンカーの糸を1本増やして、2本の糸のついたアンカーを2本、ないし3本関節窩にうちこんで剥がれた靭帯を修復します。Dual suture法と言います。
 

 

関節鏡手術とは、肩関節の病変を、小さな傷だけつくり、傷から内視鏡(関節鏡、カメラ)を体内にいれてテレビモニターでみながら行う手術のことです。
 

 関節鏡手術とは
 鏡視下バンカート修復術
 鏡視下関節包全周性解離術
 鏡視下腱板修復術