関節鏡手術

鏡視下腱板修復術 <<  関節鏡手術 <<  HOME

鏡視下腱板修復術

鏡視下腱板修復術とは、断裂した腱板を上腕骨頭にくっつける手術です。
 
内視鏡で観察しながら、糸付きビス(アンカー)を骨頭に挿入し、糸を腱板に装着します。装着が終わるとスライディングノットという縫い方で縫合すると、腱板を上腕骨頭に圧着でき、縫着が可能です。
断裂形態で、使用するアンカーの数は変わります。大きな断裂ほど糸が必要となり、アンカー数は増えます。動画では実際の編集した手術シーンも載せてしますが、より分かりやすくご理解いただくために、骨のモデルを使った手術シーンも動画かつ、説明を載せております。ご質問などがありましたら、お問い合わせの欄からメールを頂ければ、ご質問にお答えさせていただきます。
 

 

腱板断裂がおこると上腕骨頭から腱が浮いているのが内視鏡で観察される。
 

 
 
 

腱板にループ糸を装着し、ループにアンカーの糸をいれ、ループ糸をひっぱることにより、腱板にアンカー糸が装着されます。
 

 

スーチャーグラスパーという糸をつかまえる器具を腱板につきさし、糸をとり、腱板にアンカー糸を装着する。
 

 

スライディングノットという縫い方で腱板に装着した糸を縫合し、腱板を骨に縫着(骨にくっつける)します。
 

 

アンカー糸を縫合し、腱板が骨に固定されている。
 

 

関節鏡手術とは、肩関節の病変を、小さな傷だけつくり、傷から内視鏡(関節鏡、カメラ)を体内にいれてテレビモニターでみながら行う手術のことです。
 

 関節鏡手術とは
 鏡視下バンカート修復術
 鏡視下関節包全周性解離術
 鏡視下腱板修復術