肩の病気

石灰沈着性腱板炎 <<  肩の病気 <<  HOME

石灰沈着性腱板炎

どんな病気?

 
肩腱板の表層や腱板の上腕骨付着部に石灰が生じる病気です。
 

症状

 
・痛みで腕を動かすことができない!
・夜、痛くて目が覚める!
・髪をとく時に痛い!
・洗濯物を干す時に痛い!
・ベルトを通す時に痛い!
・エプロンの紐を縛る時に痛い!
 
肩関節の動きを伴う様々な動作で症状が出ます。
 

 

なぜ痛みがあるのか

 
肩関節の主要な筋肉である腱板の周囲に石灰物が沈着することで、滑液包などに炎症を起こし、肩の動きを伴う動作時に痛みが生じます。40~50歳代女性に多く、突然誘因なく、激痛が走り、腕を動かすことができないのが特徴ですが、原因は不明です。関節包等が癒着する『拘縮肩』へつながることも少なくありません。他の肩関節疾患(五十肩や腱板断裂など)と似た症状を呈しますが、レントゲン撮影で石灰が確認でき、診断が可能です。
 

治療

 
・投薬、注射→肩関節の炎症をおさえます。投薬では抗炎症薬を投与しますが、胃薬が石灰を吸収する場合もあります。
・運動療法→疼痛が続き、肩の動きが悪くなった場合には筋肉の緊張をとります。
・手術→保存治療に効果がなく、肩の引っかかり感やある角度での痛みがとれない場合には、鏡視下石灰摘出術を行うことがあります。

様々な肩の病気を解説しています。自分がどの病気に該当するかおおまかな目安にしていただければと思います。
 

 年代別可能性のある病気
 投球障害肩
 腱板断裂、腱板損傷
 反復性肩関節脱臼
 肩関節周囲炎(50肩)
 肩の脱臼
 拘縮肩
 石灰沈着性腱板炎
 変形性肩関節症
 腱板断裂症性変形性肩関節症